【SAO】レインの結末が超意外!悲惨な過去や人気が高い理由

SAO レイン

 

SAOに登場する「レイン」は、アイドルになることを夢見ている特徴的なキャラクターです。

 

オリジナルヒロインの一人なので、ファンがとても多くネット上でもよく話題になっています。

 

そんなレインですが、とんでもない裏話があるのをご存知ですか?

 

ここでは、レインの悲惨な過去や迎えた結末、人気が高い理由について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

1.【SAO】レインが経験した悲惨な過去とは?

 

SAO レイン

 

レインは両親が離婚し、難しい環境で生活するという悲惨な過去を経験しています。

 

ロシア人の父と日本人の母を持つハーフで、子供の頃はロシアで家族仲良く暮らしていました。

 

スポンサーリンク

 

ところが、妹が人間離れした優れた能力の持ち主であると発覚し、家族の関係が大きく悪化。

 

これが原因となり両親は離婚し、父親は妹の親権を強引に奪い、レインは母親と一緒に日本へ。

 

レインは、難しい環境の中で生活していました。

 

 

2.【SAO】レインの将来の夢が衝撃的だった…

 

SAO レイン

 

レインは将来、「唄って踊れて、ゲームもできるアイドル」になることを目指しています。

 

ルックスは非常に良く、スタイルも抜群なのでアイドルには向いていると言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

夢をかなえるために、アルバイトを始めるも、学校では友人に夢について理解してもらえません。

 

それでもひたむきに、夢に向かって突き進んでいます。

 

 

3.【SAO】レインに見られる個性的な性格

 

SAO レイン

 

レインは、どんな性格をしているのでしょうか?

 

  • 優しい
  • 健気
  • 努力家
  • 節約家
  • 頑固
  • 誠実
  • 家族思い

 

彼女の言動を確認してみると、上記の性格が判明しています。

 

レインはとても優しく健気で、何よりも家族思いな一面が良く出ているんですね。

 

それでいて夢に向かって、努力する事を忘れていません。

 

人格面では、とても優れたキャラクターと言えるでしょう。

 

 

4.【SAO】レインが持っている驚きの能力とは?

 

SAO レイン

 

レインは、「サウザンド・レイン」という能力を持っています。

 

これは、空間の狭間に忍ばせた無数の剣を、思い通りに操り射出するという反則に近いもの。

 

スポンサーリンク

 

レプラコーン用の、鍛冶魔法の熟練度をカンストまで上げたので、剣を遠隔操作できるようになり、この能力が実現。

 

規格外の強さであり、本作でもトップクラスだと評価されています。

 

キリトたちの前では初心者を装っていましたが、実力がありすぎるのでキリトたちにはバレてしまいました。

 

 

5.【SAO】レインが迎えた意外な結末

 

SAO レイン

 

レインは2年間、SAOに囚われていました。

 

現実に戻ってからは、普通の学校に行くも周囲から孤立します。

 

そのため一人で遊ぶ事が多くなりましたが、キリトたちとの交流を通して仲間とゲームを楽しみたいと願うようになったのです。

 

そんなレインは、妹と向き合うために本気でアイドルになることを決意。

 

アカウントこそ残しているものの、事実上はALOから離れています。

 

つまり、レインは「自発的にネットゲームを引退した」のです。

 

仮想空間をメインにして物語は進展していくので、ネットゲームの引退という結末は読者の間で大きな話題になりました。

 

 

6.【SAO】レインが読者から人気が高い理由

 

SAO レイン

 

レインは、オリジナルヒロインという位置づけではありますが、そこまで頻繁には登場しません。

 

それなのに、アスナたちと並んで高い人気を得ているんですね。

 

人気が高い理由は、「SAOで稀なお姉さんキャラだから」というものが挙げられています。

 

彼女の年齢は17歳と、他のキャラクターに比べて年上。

 

お姉さんキャラで、人格面で優れておりアイドルを目指すために努力をしているレイン。

 

応援してあげたい気持ちが強くなり、ここまでの人気を得ていると考えられています。

 

 

まとめ

 

SAO レイン

 

レインは両親が離婚し、慣れない環境で生活するという悲惨な過去を経験してきました。

 

妹がきっかけでネットゲームを開始し、そこでの出会いを通して人間的に大きく成長。

 

今ではネットゲームを自発的に引退し、本気でアイドルを目指しています。

 

今後、どんな形で本作に関わってくるのか注目していきたいですね。